花の花ひより

花の花からのおひより日記
<< スッキリと。 | main | 畑に溢れる笑顔と湯気 >>

今日は夜が一番長い日。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

今日は、一年で一番夜が長い日『冬至』です。

 

最近は寒さが厳しく、冬を感じる日が多くなってきました。

 

そんな厳しい冬を乗り切るために、今日は那珂川町別所の毘沙門天祭に参加してきました。

 

毘沙門天祭は那珂川町の大山住神社の中にある毘沙門堂で毎年冬至に開催されているお祭りです。

 

みなさん毎年楽しみにしているようで、朝からご機嫌で車に乗り込んでいました。

 

笑顔で到着です。

 

境内に上がりお参りをすると、かぼちゃぜんざいの振る舞いがあります。

 

ありがたく、美味しく頂かせていただきました。

 

 

 

 

毎年、かぼちゃのぜんざいを頂いていますが、なぜ食べているのか?ふと疑問に思いました。

 

縁起がいいから、だけではない理由があるのだろうと思います。

 

気になって調べて見ました。

 

 

 

 

 

冒頭に書いたように、冬至の時期は日照時間が短く夜が長いです。

 

寒さもあり、野菜はあまり採れません。

 

動物も冬眠の時期に当たるので、昔の人たちは栄養分を補給できる機会が少なかっただろうと思います。

 

保存がきき、栄養豊富なかぼちゃを冬至に食べることで、無病息災を願っていたのだろうと思います。

 

 

 

 

また、『ん』がつく食べ物が縁起がいいと言うことで、【冬至の七草】を食べるといいいとされています。

 

【冬至の七草】とは、

 

・かぼちゃ(なんきん)

・レンコン

・ニンジン

・ギンナン

・キンカン

・かんてん

・うどん(うんどん)

 

です。

 

食べられる機会があれば、運を引き寄せるために食べてみてはいかかでしょうか。

 

 

 

今年も、みんなと縁起のいいものを食べることができてよかったです。

 

来年も、病気なく元気に頑張りましょうね。

 

今日もお疲れ様でした。

 

ありがとう。

 

https://bio.base.ec

 

NPO法人 花の花

支援員 坂本龍哉

 

 

 

農園だより | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする