花の花ひより

花の花からのおひより日記
<< 同じ思いを持つ人たちとの繋がり | main | 愛情のこもった味を感じて。 >>

気づかないこと、知らないこと

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:無農薬の家庭菜園、農業、ガーデニング - 自然農

 

今日は田んぼの整備に1日入っていました。

 

 

除草剤を使わずにお米を作っていると、どうしても田の中に雑草が生えてしまいます。

 

そして、お米と同じようにたくさんのタネをつけて次の世代につなげていこうとします。

 

この小さい一粒一粒が雑草(ヒエ)のタネです。

膝をついてよくよく見ないとこの小さな命には気が付きません。

 

しかし、しっかりタネは生きています。

 

河邉先生が言われるように、本来命に”雑”ということはないはずです。

 

しかし、次のお米を元気に育てるために環境を整えさせてもらいます。

 

だからこそ、野菜やお米を食べる時、たくさんの命を”頂いている”んだなと思います。

 

 

 

 

 

次のお米に繋げていくために、みんなでわらを集めて燃やしていきます。

(私の)メガネをかけた彼は何となく、ベテラン農家さんのような雰囲気を出していますが、まだ20歳の一番若手です。

 

そんな彼らと日々やっています。

 

 

 

草燃やしが終わり、自然栽培のキモである、水はけを良くするための耕運作業をしていました。

 

すると、どこに隠れていたのかわかりませんが、たくさんの鳥たちがやってきます。

 

カラスのようなよく見る鳥から、名前が分からないような小さくて綺麗な鳥まで様々やってきます。

 

(ブロックの上に乗っています)

 

誰に教えられたわけでもないのに、トラクターで耕した後に虫やミミズが出てくることを知っているんです。

 

私はそのことを、鳥たちが集まってくるのを見て知りました。

 

私たちが気づかないことを自然は知っているんだなと思います。

 

 

 

このような環境の中で、命のつながりを感じ、そこでみんなと作業できる環境は本当にありがたいなと思います。

 

これからも、みんなで楽しく、時には歯を食いしばるような自然の厳しさを感じながら頑張っていきたいと思います。

 

今日も寒い中お疲れ様でした。

 

ありがとう。

 

https://bio.base.ec

 

NPO法人 花の花

支援員 坂本龍哉

 

 

 

 

農園だより | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする