花の花ひより

花の花からのおひより日記
<< ホクホク湯気の先に。 | main | 気づかないこと、知らないこと >>

同じ思いを持つ人たちとの繋がり

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

今日は、朝から農園事業と製造事業(クッキー製造)の施設見学に、他法人の放課後デイサービスのスタッフの方々に入って頂きました。

 

普段放課後デイサービスで関わられている利用者の方々が、卒後どのようにすれば社会人としての気持ちに切り変われるのか検討されているようでした。

 

 

 

 

 

花の花では13年前に特別支援学校(当時養護学校)を卒業された青年を受け入れ、関わりを進めてきました。

 

その中で、「社会人だから」という姿勢を何度も伝えてきたと聞いています。

 

 

私自身『社会人とは何?』と聞かれると自信を持って、これだ!と答えられないところではあります。

 

しかし、共に同じ場所で働き、共に社会を歩んでいく中で、その答えをみんなで見つけられるのではないかと考えています。

 

それが何ヶ月も、何年もかかることかもしれません。

 

それでもゆっくり、それぞれが理解していくことができればなと思い、普段みなさんと過ごしています。

 

 

 

 

 

 

ここ半年ほどで、放課後デイサービスを行う事業所の方々との繋がりや連携が増えています。

 

その中で、ただ放課後を過ごしてもらうだけでなく、卒業後にどうすればより良く人生を過ごしていけるのか、という視点を持って関わられている方々が多くいらっしゃるということを知りました。

 

私たち花の花は地域の中でより良く過ごしていける社会の構築をしたいと思う中で、自分たちの事業所だけではできないことが多くあると感じています。

 

このように熱い思いを持たれてある事業者の方々と連携をし、在学中から卒業後まで一貫した関わりを行っていくことができれば、より良い地域というものを作っていけるかと思います。

 

 

 

今後も、同じ思いを持つ方々との連携を進め、素敵な地域社会を作ることができればと思っています。

 

そのためにも、明日も畑仕事みなさんと頑張りたいと思います。

 

いつもありがとう。

 

明日もよろしくね。

 

http://hananohana.org

 

NPO法人 花の花

支援員 坂本龍哉

 

農園だより | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする